ご依頼時の確認事項

pta15

・校正のゲラ刷りを出したあと編集会議などされると大きな変更がでてきたりします。
 多少の手直しや誤字脱字の修正は、もちろんさせていただきますが、1~2枚以上の
 写真の追加や記事の位置の入れ替え、文章の多箇所の修正などありましたら
 版下訂正費用が発生する可能性があることをご了承下さい。

・委員会では複数で新聞づくりをされると思いますが、受渡しの担当の方(連絡先)をお一人決めてください。
 伝言の行き違いなどをなくすためですのでよろしくお願いします。

・パソコンで作成したデータ(Word、Excel、Illustrator、InDesign)での入稿は、プリントアウトしたものを添付してください。
 パソコンが変わるとフォントや表示位置などが若干変わりますので、校正ゲラ刷りの際はプリントアウトしたものがなければ
 こちらでチェックすることができません。
 プリントアウトは縮小されたものやモノクロでもかまいませんので必ず添付してください。
 また、CDなどで持ち込まれた場合、不必要なデータが多く混在されていることがあります。
 間違ったゲラ刷りにならないよう、画像データやワードデータなど必要なデータすべてに正しいファイル名を明記して下さいますよう
 お願いします。

・お預かりした写真は校正時にお返しします。

・デジカメのデータをUSBなどで入稿される場合は、原稿の写真にファイル名を明記してください。
 切抜きなど加工されたデータしかない場合は、綺麗に整えたり丸に切り取りレイアウトしたりする際に綺麗にできない場合がありますので
 元のままのデジカメデータがあったほうがレイアウト上や印刷時に綺麗に仕上がります。
 元のデータが無い場合はこちらで再加工や画質の調整などできませんのでご了承下さい。

・ゲラ刷りは実際の印刷物ではなく、カラープリンター出力したものですので用紙や色合い、光沢が多少変わってきます。
 写真を焼きまわししたときとかに色が変わっていることがありますが印刷についても同様に、まったく同じ色を実現するのは困難です。
 また、用紙によっても常識的な範囲で変わります。
 赤が緑に変わることはありませんが、オレンジ色や青と緑の中間色など色合い自体が変わる可能性もありますのでご了承下さい。

・PTA新聞(広報誌)に使用する用紙をコート紙、マットコート紙の2種類を用意しています。
 写真に光沢がほしい場合はコート紙、写真をつや消しにしたい場合はマットコート紙を選んで下さい。
 なお、それ以外の厚い紙や色紙でする場合もありますが、写真が見にくかったり、取り扱いにくいものになり
 金額も上がりますので、読み手のことを考えればコート紙、マットコート紙を使用することをお勧めします。

・基本的には学校へ納めさせていただきます。
 また、宅急便での学校へ納品になる可能性もあるのでご了承下さい。

・新聞の納品時に請求書をお渡しします。
 銀行振込みもしくは来社いただきお支払い下さいますようお願いします。
 納品前、納品時でのお支払いも可能です。